徒然なるジャニーズブログ

アラサーの働くジャニヲタが日々のジャニーズに起こった出来事について個人的に感じた事をひたすら書きます。夢はジャニーズに関する連載を持つ事。→merico105@yahoo.co.jp

大橋和也くんについて

今日からはてぶろさんをお借りしてブログを始めます。

理由はI/Oのためです。

…スベりましたね、すみません。

この子についてもっと知って!というブログが多いですが、私は基本的に自分が感じたことをブワーby重岡 してるだけなので特に勉強にもなりませんのでご了承ください。

では初回かkらいきなり今大本命の大橋君について書きたいと思います。

 

関西ジャニーズJr.、そしてなにわ男子の大天使、大橋和也くん。

ジュニアはさすがにハマらないだろうなぁとジャニヲタになって数十年、ずっと思っていた。

私の中でデビュー組=プロであり、ジュニアという事はまだアイドルとして未熟で選ばれし者ではないと思っていたのでその領域にはまったく興味がなかった。

しかし、アラサー女、母性本能がドバドバ出ている真っ盛りの時期である。

そしてyoutubeを見る。かわいい。みんなもれなく可愛くて応援したくなる。

なるほどなー、これがジュニアの頃から育てたくなるって気持ちかなぁと思っていた。

 

そんな中、いつも通り火曜日には高木くんの出ているMusic Bitを聴いていた。

ラジオでも何でも自由に聴いていい事と休みが自由なのはこの職場で良かったと思える唯一の事柄だ。

Music Bitが終わりいつもならここでラジオを切るのだが、なぜかこの日はめずらしく仕事に集中していたのか、その後の長瀬くんの長瀬ザスタンダードも聴いた。

そして、いつの間にか関西ジャニーズJr.のバリバリサウンドに突入していたのだ。

関ジュは誰1人として知らない。唯一、恭平君はジャニストのコンサートで観て、永瀬君に似てる子だなぁと思った微かな記憶があるくらい。

だって関ジュyoutubeしてないし、少クラもたまにしか出ないから得るにも情報源がないのだ。

聞こえてくるのはコテコテがすぎる関西弁。関西人の私からしても癖ありすぎるな。

そしてみんなよくしゃべる。そうだね、ガツガツしないとこの芸能界生きていけないもんね。

基本関東Gを応援している私からしたらとても新鮮だ。

ん?それにしても何かかなりハスキーな声の子おるけどこれは大丈夫なの?

でもラジオとては個性が出ていいかも。

へぇ、ハスキーな子が天気予報も読んじゃうのね。

J事務所が天気予報読むのも新鮮だわ。

へぇ~…

へぇ~…

 

っっっっっって!なにこの読み間違いだらけのグダグダな天気予報!!

いや、、ジャニーズってインテリの子も多いけど、基本小さい頃からダンスと歌ばかりでお勉強はおざなりな子も多いのは知ってる。

にしても…いや、ひどいけどなんだか可愛い笑

ラジオ聴いててもおばかだけど愛嬌たっぷりでこれはニクめない子なのね。

なになに?大橋和也って言う子なのね。

とりあえずググってみようか。

あらま、お顔可愛いやん。黒目がきゅるきゅるで私のドンピシャなやつ。

むしろちょっと有岡くんに似てるな。だからか。

 

そして帰宅後、Twitterやらyoutubeで早速大橋くんのダンスと歌を拝見。

 

すごい。。

ダンス詳しくはないけどこれは分かるぞ。

めちゃくちゃうまい。

キレもちゃんとあるけど、流れるように滑らかで見ていてとても心地いい。

しゃがんだ後、すぐに立つ振り付けでも体がブレないしっかりとした体幹

そして激しいダンスでも常にニコニコ笑顔がたまらなく可愛い。

なんでぴょんぴょん跳ねてるの?ウサギなの??

これはずっと見ていたいなぁ。

 

あぁ、、大橋くんめっちゃいい…!!!!

↑よくブログで見る大きくするやつやってみた

 

そんなこんなできちんと、しっかり、めちゃくちゃにハマったのでした。

極めつけは丈橋という関係性。

大橋君の丈君すきすきアピールにやめろという丈くん。

でもツンデレな丈君の方が実は大好きだったり…ってBLかよ!

それってBLの定番設定だけど現実でも本当にあるんだね。

夢か幻かだよほんと。

その丈橋を惜しげも無くガンガンに売ってくる事務所。

いいコンサルでも雇ったの??

そしてネットへの壁が鉄より固い事務所がついに壁を壊すであろう

新規事業のバーチャルアイドルに誰が選ばれると思っていただろうか。

私には完全縁のない話だと思っていたのによ。

毎日ダッシュで仕事から帰ってご飯食べてお風呂は言って21時半までにスタンバイしてるから

健康的になったと思うよ。

ほんと飲みにもいけねぇや。

幸せ。

 

出会いが雄也くんの後にやってるラジオっていうのがまた事務所にまんまとやられた感がある。

とても悔しいけど運命的な出会いを感じてしまっている私。

先輩のバックに付かせるのも、バックダンサーの要素だけじゃなくてこういう連鎖を起こさせるためだったのかぁ~

え、そんなの当たり前で今更って?

だってジュニア全然興味なかったから考えた事もなくって笑

後輩に興味持つようになっちゃったら永遠に事務所から離れられないやつですね。

よく言えば死ぬまヲタでいられる!

ばんざーーーーい^^